岩崎宏美

10歳年下のミュージカル俳優さんと結婚したという岩崎宏美 さんについて調べてみます。

岩崎宏美

基本情報
別名 ヒロリン
出生 1958年11月12日(50歳)
出身地 日本東京都江東区
活動期間 1975年 -
レーベル ビクター
インペリアルレコード
事務所 芸映プロダクション(1975年 - 1984年)
スリー・ジー(1984年 - )


久し振りに岩崎宏美 さんの名前を聞いた気がします。

全盛期はうちの女房の年代でしょう、もちろん私も知っていますが。


成城学園初等学校入学と同時に歌のレッスンを受け、同中学校進学の後、歌手を目指し松田トシ(のちに芸名を「松田敏江」に改名)に師事。また当時中学の同級生だった岡村清太郎(当時歌舞伎役者。現在は浄瑠璃清元の家元、七世清元延寿太夫)の縁で先代水谷八重子の部屋方となり、新橋演舞場に通う。中3年の時に『スター誕生!』に応募し、1974年2月20日(放映は3月3日)、関東大会で代表選出、同年7月17日(放映は8月11日)決戦大会に出場。小坂明子の「あなた」を歌い最優秀賞に輝く。8社からのプラカードがあがり、芸映、ビクターレコードと契約

この人も「スター誕生」の出身なんですね。

それにしても小学生で江東区から成城まで通っていたのですから実家はお金持ちだったんでしょう。

通学時間も1時間は掛かるのではないでしょうか。
小さいのに良く頑張りましたね。

1975年4月25日、「天まで響け岩崎宏美」のキャッチフレーズと共に「二重唱 (デュエット)」でデビューした。2枚目の「ロマンス」が90万枚近い大ヒットとなり、細川たかしと共にこの年の新人賞を総なめにする。また、この年、第26回NHK紅白歌合戦に初出場(歌唱曲は「ロマンス」)した。

この「ロマンス」は私でも知っていますから大ヒットです。

1976年3月、3枚目のシングル「センチメンタル」が春のセンバツ高校野球大会の入場行進曲に選ばれる。
1977年に堀越高等学校を卒業した。同期卒業生には森昌子、岡田奈々、池上季実子などがいる。同年秋、初のバラード「思秋期」が大ヒット、第19回日本レコード大賞歌唱賞を受賞し、実力派の評価を不動のものにする。


この頃はそれこそ飛ぶ鳥を落す勢いでした。

出す曲みんなヒットして絶頂期でした。


1982年、前年9月より放送が開始された日本テレビ系の2時間ドラマ『火曜サスペンス劇場』の主題歌「聖母たちのララバイ」に問い合わせが殺到し、当初シングル発売の予定は無かったが、200名の主題歌カセットプレゼントに28万通もの応募があったことから同年5月21日に発売する。発売後2週目でオリコンチャート週間売上1位を獲得し80万枚の大ヒットとなり、同年11月、日本歌謡大賞を受賞する。

こうしてみると、この人の歌は今でも歌われている曲が多いですね、それだけ名曲揃いということでしょう。音痴の私が知っているのですから。

そして、この曲も選抜の行進曲に選ばれたと言う事はすごい快挙です。


1984年、芸能活動の方針を巡る相違から芸映を退社し、個人事務所スリー・ジーを設立する。

これは、良く聞くパターンですね。

でも、これ以降は歌だけでなくドラマや舞台にも出るようになったのですから本当に活動方針の違いだったのでしょう。
「夜のヒットスタジオ」に出られない時期もあったそうです。

1988年、商社マンの男性と結婚し、芸名も益田宏美に変更する。その後2児を出産し、主婦業と育児に専念する。その間、夫の仕事の関係でドイツに住む時期があったが、その頃には既に夫婦仲が悪かったと後の雑誌のインタビューで答えていた。


芸能界で人気が有って華やかな舞台に立っていた人は主婦業に専念するのは無理でしょう。

その点で行けば山口百恵さんはすごいですね。
例え芸能一家といえども表舞台には出て来ませんから。


芸能界一の辛口で知られた淡谷のり子は、当時のルックスに歌唱力が伴わない流行歌手たちを「歌手ではなくカス」とこき下ろしていた中、岩崎だけは「まあ、彼女は歌が上手かったけどね」とその歌唱力を認めていた。


確かに私のように曲を覚えられない人間が彼女の歌のメロディーを思い出すのですから良い曲なんですよ。グッド(上向き矢印)

50歳にして10歳下の俳優さんと7年の交際を経て結婚されたと言う事はまだまだ気力も充実これからも良い歌を聞かせてくれることでしょう。

益々のご活躍をお祈りします。



【女性・歌手の最新記事】


\若々しい毎日に!/セサミン高含有黒ゴマ使用。小林製薬≪セサミンGOLD≫



栄養ドリンクのあの成分をギュッと凝縮!試して実感!充実、満足度一番

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。